So-net無料ブログ作成

アルスラーン戦記はマンガよりも小説が面白い! [マンガ全般]

アルスラーン戦記とは、田中芳樹によるファンタジー小説だ。

小説の第1巻が発売されたのは、20年以上も前の話。

そして、2014年。

なんと、アルスラーン戦記がマンガとして再デビューしたのだ。




アルスラーン戦記のマンガ版では、「鋼の錬金術師」「銀の匙」の荒川弘がイラストを担当する。



◆アルスラーン戦記は小説で読むべき理由

つまり、現在、アルスラーン戦記には、小説版とマンガ版の両方が存在することになる。

では、小説版とマンガ版のどちらを読むべきか?

もちろん、両方を読めばいいのだが、どちらかを選択するとなれば、迷わず小説版を選ぶべきだ。




アルスラーン戦記の小説版を選ぶ最大の理由は、田中芳樹の原作が面白すぎるから。

マンガ版が面白くないというわけではない。

小説版は、超面白いのだ。

1980~1990年代の中高生は、多彩なキャラクターが登場するファンタジー絵巻に大熱狂していた。

連載がはじまったばかりのマンガ版と比較するには、小説版の魅力が絶大すぎるのだ。


ちなみに、1980~1990年代に角川文庫から発売されていた小説版では、ファイナルファンタジーでも有名な天野喜孝がイラストを描いていた。

超美麗なイラストが小説の売上に拍車をかけたといってもいい。




それに対して、荒川弘のイラストは、あまり美麗ではない。

マンガ版のキャラクターを見て、ガッカリした女性ファンも多いようだ。

アルスラーン戦記は、美系のキャラが大勢登場するだけに、イラストが美しくないというのは、大きなマイナス点だ。


なお、アルスラーン戦記は、以前にもマンガ化していたのだ。

角川書店より中村地里のマンガで出版されていて、全13巻のボリューム(現在では入手困難)。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。